fbpx
アーティストが自由に活躍できる場を作るため、バーチャル夏祭りを開催

アーティストが自由に活躍できる場を作るため、バーチャル夏祭りを開催

夏と言えばお祭り。例年であれば各地で花火大会や納涼祭などが開催されますが、新型コロナウイルスの影響で開催が難しい状況です。そんななか、バーチャル空間「oVice」を使い、アーティスト向けの夏祭りをなんと2か月にわたり開催してくださっている方がいらっしゃいます。

なぜアーティストによる夏祭りをバーチャル空間で行おうと思ったのか、なぜこのように長期間の開催なのか。運営メンバーの一人である矢野さんにお話を伺いました。

 

イベント名:金魚たちの夏祭り

取材対象者:つながるサポート株式会社 矢野裕紀さん

イベント運営メンバー:

イベント運営メンバー:mo.kaさん、LUCALANDさん、nencoさん、こいぬまめぐみさん、ゆうこの世界さん、舞さん、矢野さんの計7人

イベント開催期間:6月26日から8月22日

イベント概要:

音楽家や絵本作家、イラストレーターやハンドメイド作家、写真家など、さまざまなアーティストの方々の作品を集めたバーチャル夏祭りを開催。会場内のメインステージでは、トークライブ等の様々なイベントも行われている。

公式サイト:https://goldfish-smrfes.net/

公式Twitter:https://twitter.com/goldfish_smrfes

 

コロナで自由に作品の発表できないアーティストを応援したい

―運営メンバー7人のうち、6人はアーティストさん、そして公認会計士の矢野さんという珍しい組み合わせですね

はい、実は、今回の企画構成の大部分を担ってくれているmo.kaさん、LUCALANDさんとは、前々から一緒に何かをやってみたいという想いがありました。LUCALANDさんを知ったのは2018年の春。とあるライブ配信ツールで、偶然、涙ながらに音楽活動にかける想いを語っているLUCALANDさんを見て、初見にもかかわらず、すごく引き込まれました。自分自身、起業して間もなかった当時は、「なかなか自分の取り組みが伝わらない…」と悩んでいた時期だったので、LUCALANDさんを応援しながら間近で見続けていれば、自分も伝わる表現ができるようになるのでは?と感じたのがきっかけでした。

LUCALANDさんと一緒に企画ライブなどをされていたmo.kaさんのこともこの頃に知り、想いをもって活動されている姿に感銘を受け、応援しつつも、表現の仕方を教わっているような感覚で活動を拝見していました。以来、「分野は違えど、いつかこの二人と一緒に何かができるくらい、自分も表現力を磨いていきたい!」と思うようになりました。

―それではほどなくしてコロナが世界的に広がったのではないですか。

そうなんです。そうこうしているうちに、コロナショックが始まってしまいました。そんななか、今回のイベントで8月6日にライブ会場としてお借りするSHIBUYA TAKE OFF 7さんが、コロナ禍を乗り切るためのクラウドファンディングを立ち上げられたんです。TAKE OFF 7さんはmo.kaさん、LUCALANDさんが二人で一緒にライブを行った思い出の地。僕もそのときのライブにすごく勇気をもらったので、「なくなって欲しくない!」という想いから、1日会場貸し切りのリターンがあるプランで支援をしました。

―mo.kaさん、LUCALANDさんはそのことを知っていたのですか。

いえ、とりあえず勢いで1日貸し切り権をゲットしました(笑)でも、二人にとっても思い出のライブハウスだから、想いを伝えたらきっと使ってくれるに違いない!とは考えていました。そして、たまたま二人がインスタライブを一緒にやる機会があったので、「実は…」という書き込みを入れて伝えたら、出演OKをもらえたのです。

―でもライブを行うには厳しい状況だったのではないですか。

そうですね。コロナの先行きが見えない中でオファーさせていただいたので、何かと難しさはありました。そんななか、僕が普段から様々なオンラインツールを利用して仕事をしていたので、それに二人の想いを掛け合わせ、オンラインを活用しながら長い時間をかけて多くの人に知ってもらえるような企画にしよう!という結論に至りました。

バーチャル夏祭りを運営している3人が毎回司会を務める

2か月かけてみんなで完成させる、一つの「作品」のような夏祭りに

―どうしてoViceを使ってくださったのですか。

まずは、僕自身がすでに使っていて、かつ、oViceの大ファンだったからですね(笑)二人のやりたいこと、想いを聞いたときに、oViceだったらバーチャルでそれが実現できそうだ、というイメージを持つことができました。

―それにしても2か月とは、かなり長い期間の開催ですね。

ライブハウスでのライブ単発企画という選択肢もあったのですが、このコロナ禍で悶々としているアーティストさん達が再び活動し始めるきっかけづくりをしたい、という想いもありました。そこで、長期間のプロジェクトという形で開催し、みんなで成長させていくイベントとして捉えてもらうことで、より前のめりに参加してもらえると考えました。また、成長型のイベントの方が、アーティストを応援してくれる人たちにも気付いてもらいやすくなるはず、と考え、2か月という期間設定にしました。

バーチャル夏祭り会場全体図

アーティストが再び泳ぎ出せることを願い「金魚」に関する作品を展示

―「金魚」というコンセプトもかなり独特ですね。

そうなんです。3人で企画ミーティングをしているときに、ふとmo.kaさんが「子どもの頃の夢は金魚になることだった」と言ったのがきっかけです。きらきらと自由に泳ぐ美しい金魚に憧れていた子どもの頃の想いと、「コロナ禍で思うようにいかないけど、いつか再び自由に活動がしたい!」という想いが重なりました。そして、同じ想いのアーティストたちにも再び動き出すきっかけを提供していきたい、というアイディアも加わり、「金魚たちの夏祭り」が誕生しました。キーワードが金魚になったので、oVice内のアバターも金魚で統一しています。イベント時には、たくさんの金魚たちが自由に夏祭り会場を泳いでいる光景を見ることができます。

―どのような作品を展示しているのでしょうか。

音楽、写真、イラストなど5部門に分け、「金魚」にまつわるアート作品をご提供いただけるアーティストさんを募集しています。例えば、編んで作った金魚のモチーフや、色紙を使って作った金魚の絵、また、山口県柳井市に江戸時代から伝わる特産工芸品である「金魚ちょうちん」など、さまざまな作品が展示されています。oViceのバーチャル夏祭り会場左側にある5つの看板をクリックすると、各ジャンルの展示ブースに飛んで作品を楽しむことができる仕掛けになっています。

また、7月17日にはメンバーのこいぬまめぐみさんによる、金魚をテーマにした絵本の展示・朗読会も行いました。素敵な想いの込められた、大人の心にもぐっとくる作品で、mo.kaさん、LUCALANDさんが作詞作曲してくれた公式テーマソングにもつながるストーリーとして仕上げてくれました。

―作品の展示だけでなく、夏祭りらしく屋台もあるのですね。

はい、焼き芋やコーヒー、日本茶など、取り寄せ可能なECショップを持っているお店に出店してもらっています。ゲストの皆さんには、それを食べたり飲んだりしながら自宅でバーチャル夏祭りを楽しんでいただけるような工夫をしています。

7月17日に行われた絵本発表会。アーティストが作品を見せながら音読してくれる。

会場内の表示(ここでは画面中央右の「EAT」という部分)を押すと、出展されている作品や商品が見られるページのリンクが出る。

ライブハウスでのイベント、後夜祭、フィナーレを開催

―今後はどのような展開を考えていますか。

7月22日にテーマソングのお披露目会をして、8月6日にはいよいよTAKE OFF 7さんでのライブを開催します。このような状況なので、ツイキャスでの配信形式としつつ、状況に応じ有観客で行う予定です。ライブ当日から2週間は見逃し視聴が可能なので、ぜひ多くの人に見てもらいたいです!8日には、配信ご購入者様限定でライブの裏側を知れる後夜祭をoVice内で開催します。

そして、8月22日がいよいよフィナーレ。内容は、ライブを終えた後のインスピレーションを大切にしたいので、まだ詳細は未定ですが、これまで張り巡らせてきた”金魚”の伏線を一気に回収して、見てくれる方の心が動くような会にしたいと思っています。

この記事がきっかけで”金魚たちの夏祭り”を知ったという皆さま、今からでも充分に楽しめるイベントなので、自由に泳ぐ金魚になって24時間入場無料のoViceバーチャル夏祭り会場を見ていただいたり、イベントを楽しみに来てください!企画メンバー一同、お待ちしております!

―素敵なお話ありがとうございました!

 

◆oViceについて

oViceを体験してみたい方はデモ体験が可能です。

ご自身のバーチャル空間を持ってみたいという方は無料トライアルをお申込みください。

oVice公式Twitter:https://twitter.com/oVice_jp