fbpx
oViceで社風を伝える投稿コンテスト「#うちのoVice」を開催します!

oViceで社風を伝える投稿コンテスト「#うちのoVice」を開催します!

こんにちは!oVice編集部です。

ありがたいことにoViceをご活用いただく企業様が増え、今年9月末に発行スペース数が1万件を突破。

ご利用企業の増加に伴い、「うちの会社ではこんな風にoVice使ってます!」といったシェアを目にすることも増えてきました。

oVice_ugc

oViceユーザーのみなさんからの声

シェアをした企業様からは「自社の広報活動につながった」、シェアを見た方からは「こんな使い方もあるんだ!」と参考になったという声も…!

企業ごとのoViceの使い方や工夫は本当にさまざまで、「いろんな企業様のoViceをみているだけでその会社らしさや雰囲気って感じられるよね」なんて話もちょうど先日、編集部メンバー内でしていたところです。

投稿コンテスト「#うちのoVice」を開催します!

そんな声を受けて、oViceで社風を伝える投稿コンテスト「#うちのoVice」を開催することになりました!

自社ならではのoViceの使い方をTwitterや記事でシェアするだけで参加でき、自社の雰囲気や社風も発信できるコンテストです(oViceならではの特典も…!)。

【投稿コンテスト「#うちのoVice」詳細】

■応募期間

2021年11月30日(火)23:59まで

■応募方法

応募方法は以下の2通りです!お好きな部門よりご応募お待ちしております!
※過去に投稿したことがある方の再投稿による応募も受けつけております。
※参加特典の送付にあたり、すべてのアカウントからDMを受信できる設定がされているか事前にご確認をお願いします。設定方法はこちら

A)【ツイート部門】

①TwitterのoVice公式アカウントをフォローする(フォローはこちらから)

②ハッシュタグ「#うちのoVice」をつけて、oVice活用中の画像をTwitterに投稿する

※「貴社のoViceの様子がわかる画像」「oViceの活用方法に関する説明」をお忘れなく!

B)【記事部門】

①TwitterのoVice公式アカウントをフォローする(フォローはこちらから)

②ハッシュタグ「#うちのoVice」をつけて、記事URLをTwitterに投稿する

※記事の文字数の指定はありません(ライトな記事でも長文の記事でもOK)

<参考記事>

テレワークでも社内コミュニケーションが円滑に!バーチャルオフィス「oVice」の力|ツクリンク株式会社

バーチャルオフィス出社、はじめました! | MEDIA ENGINE INC.

社内コミュニケーションが変わった!『仮想オフィス』Oviceを1ヶ月間使ってみて良かった3つの機能 | Vook(ヴック) 

■コンテスト参加特典

特典①「oViceオリジナルトートバッグ」(【ツイート部門】先着30名様限定 /【記事部門】応募者全員)

トートバッグ

受賞者の発表は、oVice公式アカウントからご投稿いただいたTwitterアカウントへのDMをもってかえさせて頂きます。
※事前にすべてのアカウントからDMを受信できる設定がされているかご確認をお願いします。設定方法はこちら
※発表・送付は11月中旬以降となります。

特典② oVice宴会「格付けチェックBOX付ライトプラン」 (【記事部門】1社, 最大20名様分(9万円分相当))

oVice宴会「格付けチェックBOX付ライトプラン」

記事部門の受賞企業様の発表は、oVice公式アカウントからご投稿いただいたTwitterアカウントへのDMをもってかえさせて頂きます。
※事前にすべてのアカウントからDMを受信できる設定がされているかご確認をお願いします。設定方法はこちら
※発表は12月下旬頃を予定しています。
※受賞企業様にはぜひ取材をさせていただければと思います!どうぞ奮ってご応募ください!

補足:記事作成のポイント💁

(〜ここからは「【記事部門】」の応募を検討されている方への内容になります〜)

たくさん文章を書く必要はありません!まずは、自社のoViceの様子をスクリーンショットし、画像にコメントを付け加えるくらいのラフさでOK。画像をメインにすることで、貴社の社風が伝わりやすくなります。

活用記事をきっかけに、記事を読んだ社員の間で話題に上がったり、採用候補者に社風を伝えられたりと、採用広報や企業のブランディングにも効果的です!

■oVice流、活用記事テンプレ📝

「とはいえ、どうやって記事を書いたらいいかわからない……。」

そんな方向けに、活用記事の制作テンプレをご用意してみました!ぜひ、参考にしてください!

—————-

ステップ① oViceの様子をスクリーンショット!

例えば、こんな様子をスクリーンショットするのがおすすめです!

(例)
・アイコンで遊んでいる社員
・oViceのレイアウト
・会議室や掲示板など
・社内のルールが反映されている箇所
※社外秘情報や個人情報に注意

ステップ② 画像にコメントや紹介を付け加えていきましょう!

下記のような流れが書きやすいと思います!ぜひ参考にしてみてください!

<タイトル>
社名と記事の概要がわかるタイトルにしましょう!

(例)
「●●(社名)のバーチャルオフィスをご紹介!#うちのoVice」
「●●(社名)のリモートワークの様子をご紹介!#うちのoVice」
「コミュニケーション活性化!●●(社名)のリモート環境をご紹介!#うちのoVice」

<書き手の自己紹介>
読み手に対してご挨拶をしましょう。

(例)
こんにちは!●●(社名)●●(職種など)の●●(名前)です!

<oViceの説明>
まずは会社でoViceを導入していることや、導入理由を説明しましょう。目的は会社によって異なるので貴社の考えを伝えることがポイントです。

(例)
リモートワークを実施している当社。●●(導入理由)の目的で、バーチャルオフィスのoViceを導入しました!

※oViceとは
oViceはウェブサイト上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけることで簡単に話しかけられる2次元のバーチャル空間です。昨年8月のサービスを開始して以降、テレワークにおけるバーチャルオフィスや、展示からネットワーキングまで自由にできるオンライン展示会など、さまざまな場面での活用が進み、今年9月末に発行スペース数が1万件を突破しました。
oViceプレスリリースより抜粋)

<社内での使い方(ここがメイン!)>
社内のoVice活用時のルールや利用中の様子を画像で紹介しましょう!

(例)
簡単に、当社のoVice活用風景をお見せします!

・スペースに居る人はいつでも話しかけてOK!
※写真※

・集中したいときは集中スペースへ(会話NG)
※写真※

・業務時間が終わったら雑談スペースでおしゃべり
※写真※

<おわりに>
最後に総括をして記事を締めましょう。oViceの効果のまとめ→読者へのメッセージがまとまりやすいと思います。

(例)
「oViceの導入で、社内の雑談が増えました。リモートワークのコミュニケーションを活性化できるバーチャルオフィス、ぜひ使ってみてはどうでしょうか?」
「oViceによって、新入社員のオンボーディングがしやすくなりました!これからもoViceで働き方をアップデート。新しい仲間も募集しているので、興味ある方はぜひご応募ください!」

—————-

「#うちのoVice」でぜひ投稿を!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

社内でのコミュニケーション活性や採用広報にもつながると思いますので、ぜひ「#うちのoVice」の投稿コンテストにご応募ください。

投稿頂いた記事はoVice公式アカウントでもシェアさせていただき、少しでも多くの人に貴社の社風が伝わるようにサポートしたいと考えています!

では、これからも、oViceワークを楽しんでいただけますように。

追記)

11月17日時点までの投稿の中から一部ピックアップした事例をまとめて紹介させていただいた記事がこちらになります!参考になれば幸いです。

#うちのoVice ご参加事例を紹介します!

◆oViceについて

oViceを体験してみたい方はデモ体験が可能です。

ご自身のバーチャル空間を持ってみたいという方は無料トライアルをお申込みください。

oVice公式Twitter:https://twitter.com/oVice_jp