事前準備やレイアウトの工夫で展示会を成功

事前準備やレイアウトの工夫で展示会を成功

コロナ禍でオンライン化が急速に進み、バーチャル空間「oVice」を使って数百人から数千人規模のイベントや展示会を開催してくださる例も増えてきました。

とはいえ、現実空間で開催するイベント同様、バーチャル空間でも乗り越えるべきハードルが高いと感じている方、そもそもどんな準備が必要なのか分からず悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

今回は事前準備から当日の運営までさまざまな工夫を行い開催された、大規模展示会「JAPAN OPEN INNOVATION FES 2020→21 Featuring テレビ東京」の様子を紹介します。

・主催者:eiicon company
・oViceを使用した展示会:2月26日開催された、オープンイノベーションプラットフォームAUBAの展示会「JAPAN OPEN INNOVATION FES 2020→21 Featuring テレビ東京」
・参加者数:運営側と来場者含め、のべ1,000人
・AUBAとは:パーソルイノベーション社が運営するeiicon companyの提供するサービスで、全国各地・あらゆる業界の法人(企業・大学・地方自治体など)の提携パートナーを探せる日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム。

◆オンライン展示会開催のポイント

オンライン展示会開催において、感じたポイントは以下の通りです!

事前準備
・運営側は事前にoViceを使用し慣れる&疑問点を解消しておく
・社内と社外用のマニュアルを整備して配布しておく
・アクセスのお試し期間として、開催日より前に会場を開放する
当日対応
・入口付近にスタッフを配置&トラブル対窓口を設けすぐに対応できるようにする
・来場者が使える機能を絞って操作面での混乱を防ぐ

当日の様子も含めて解説していきます。

 

◆初見の参加者でも分かりやすい案内

会場は500人同時アクセス可能なバーチャル空間「oVice」のスペース2つをつなげて「ビル化」する形で行われました。

1階がネットワーキング会場、2階がセッション会場で、展示会参加者はまず1階に来るという現実空間での展示会と同じようなかたちです。

まず感じたのは、入口付近にスタッフがいて、どんな設定をすべきか案内されていたのが非常にわかりやすかったということ。

初めてオンライン展示会会場に入った方の場合、多くの人が「ここは何だ?どう動けば良いんだ?」と戸惑うはずです。

そうした方のサポートのために、名前の変更方法などをアナウンスしているスタッフがそばにいたのは嬉しかったのではないでしょうか。

現実空間でのイベントで言えば、会場入り口付近に運営側の関係者が複数人いて、

「受け付けはこちらでお済ませください!ご案内が必要な方はお声がけください!」と声をかけてくれている状態でしょうか。

そばに簡単に声をかけられる人がいると、初めてのオンライン展示会参加者も安心できますね。

画像3

参加者がログインすると画面左上にアバターが現れるため、そこにスタッフを配置して案内

◆トラブル別の受付窓口を会場入り口付近に設置

トラブルに即座に対応するべく、入口付近に「トラブル相談 音声が出ない等」、「その他相談 なにかあったらこちらへ」という案内スペースが設けられていました。

参加者はこのトラブル対応スペースをクリックするとそこに自分のアバターを移動させることができ、サポートを受けることができます。

マイクの不調などで自分の声が届かなくでもチャットでやり取りすることができるので、安心してトラブル相談ができる環境が整えられていました。

画像4

入り口付近に設置した受付。トラブルなどもここですぐに対応可能

◆展示会会場で交流&セミナー視聴

1階のネットワーキング会場には「自治体エリア」、「スタートアップブース」、「商談ブース」などが設けられ、

さまざまな企業や自治体がブースを出展し、来場者と交流していました。

会場の各ブースにはロゴなどを掲載して企業名や団体名を分かりやすく表示するだけでなく、

ロゴをクリックするとその会社の紹介文などが表示される仕組みになっていました。

これにより、来場者が見てみたいブースを簡単に見つけられていました。

画像5

ロゴ看板などをクリックすると詳しい説明が現れる

2階のセッション会場はYouTube Liveがその場で鑑賞できるようなレイアウトに。

セッションAとセッションBが同時に開催できるような作りになっており、それぞれのセッション会場でYouTube Liveが見られるよう設定されていました。

来場者は椅子に座り鑑賞。現実空間で舞台で行われているセッションをながめているような光景が繰り広げられていました。

画像6

YouTube Liveの再生ボタンを押すと、各自の画面で視聴ができる

また、よくよく会場を見渡してみると、セッションAとセッションBの会場の近くに「ワープゾーン」なるものが。

押してみると、1階のネットワーキング会場にあるブースに飛ぶことができました。

ロゴ部分にURLが埋め込まれており、それをクリックしたことで1階に瞬間移動できたようです。

バーチャル空間で開催された展示会ならではの仕組みで、色々訪問したくなるような仕掛けが満載でした。

画像7

セッションA会場とB会場の間に「ワープゾーン」

◆参加者同士の交流は基本的にアバター&声のみで

この展示会の特徴は参加者が基本的にアバター&声のみで交流していたこと。

oViceにはその場でビデオ通話を行える機能もありますが、それをあえて使えないように設定し、

画面共有機能のみにすることで、初めてoViceを触った人でも混乱することなく交流できるよう工夫されていました。

もちろん展示会来場者のなかには、顔を見て商談したいという方もいます。

その方たちのために「商談ブース」を設け、その部屋の中に入ると初めてビデオ通話ができるように設定されていました。

「使える機能をあえて絞る」。こうした大規模なオンライン展示会でトラブルを最小限に抑えるためには大事なことかもしれません。

画像8

会場に設けられた商談ブースでは顔を見て会話することが可能

◆成功の秘訣は事前準備にも!運営側の徹底的な練習、出展者へのプレゼン、会場の事前開放

上記のように、さまざまな工夫がされていたオンライン展示会会場。

しかし実は、今回の展示会成功の秘訣は事前準備にもありました。

最大のポイントは、まず運営者側が運用に慣れること。

オンライン展示会参加者は、さまざまな通信環境下から色々なスペックのパソコンで会場にアクセスしてきます。

どんなトラブルが起きやすいのか、そのトラブルはどのように解決できるのか、事前に対処方法などを熟知しているスタッフが多数いることが不可欠です。

今回の展示会では、運営側がさまざまなテストを行い、その結果をマニュアルなどにまとめて、社内外に共有していました。

徹底的な準備をすることで、トラブルの芽を事前に摘んでおくことができたのです。

また、出展者を募る際のプレゼンもoViceを使って行っていました。oViceを知らない出展者も多くいるため、口頭で説明するだけでなく、

実際にアクセスしてもらってプレゼンをすることで、出展者側にも事前に理解してもらうことができていました。

そして会場の事前開放を行うことで、実際に参加者が展示会の本番前に試すことができ、当日スムーズにアクセスしてもらうことが可能になりました。

◆主催者からの感想:富田直さん(eiicon company 共同創業者 COO/CDO)

コロナ禍によってオフラインのメリットを痛感した2020年となっていました。

ビジネス交流の場を多くの企業様からのお声も頂いてる中、毎年開催していた日本最大級のOIカンファレンスをこの状況下においても“ビジネス交流“の場にしなければと考えていました。

我々オープンイノベーションプラットフォームも“地の利に関係なく”提携先パートナーと出会える場を提供しています。

だからこそ、今回「オンラインから始まる、大共創時代の幕開け」と題してオンラインでの開催をするという決断に至りました。

oViceさんのインフラはまさしく、“バーチャルのテナント“ということがわかる、リアルに近いかたちでの構築が可能で、近づいて自由に話すことも、商談ルームで話すこともセッション会場でセッションを聴くことも可能でした。

当然、バーチャルでの文化が成り立ってない現状においては、ハードルはありましたが参加者アンケートでも「参加して良かった」との高評価をたくさんいただくことができました。

oViceさんのインフラはまさしく“バーチャルのテナント(場所)”。我々自身が持っているビジネスコミュニティと接続して、バーチャルコワーキング「SHABERUBA(シャベルバ)」なども展開しております。

今後も積極的にこのようなバーチャル上での文化をともに構築していけたらと考えております。

画像9

1階のネットワーキング会場全体図

画像10

2階のセッション会場全体図

◆oViceについて

oViceを体験してみたい方は弊社バーチャルオフィスに直接遊びに来ていただくことも可能です。

ご自身のスペースが必要な方はまず無料トライアルからお申込みください。

oVice公式ブログ:https://note.com/ovice

oVice公式Twitter:https://twitter.com/oVice_jp